不倫昭和歌謡曲ベストヒット大全集
fc2ブログ

昭和歌謡曲ベストヒット大全集

昭和の歌謡曲、フォークソング、ニューミージック、演歌、J-POPまで青春を過ごした名曲、ヒット曲、懐メロ。 昭和の良き時代を中心に90年代J-POPまで無料でPV動画やMP3が視聴できる『昭和歌謡曲ベストヒット大全集』で青春時代を想い出してみませんか?
他の人はこんな曲を聴いています(最近のクリック)
Sponsor AD



中村晃子--『恋の綱わたり』 

中村晃子--『恋の綱わたり』
「恋の綱わたり」(こいのつなわたり)は、中村晃子のシングル曲。1980年6月5日発売。
作詞:福田陽一郎/作曲:三木たかし/編曲:船山基紀
中村晃子自身も出演した、TBSテレビ系列木曜連続ドラマ『離婚ともだち』(1980年4月10日~7月3日放送)の挿入歌に採用される。なお当曲の作詞は、当ドラマの脚本家でもある福田陽一郎が担当。

オリコンヒットチャートでは、1973年の「あまい囁き」以来久々のヒット曲となり、週間最高4位を獲得。1980年の年間ヒットチャートでも第43位にランクされる。

さらにTBS系『ザ・ベストテン』へは、1980年7月17日に「今週のスポットライト」で初登場。のちに当番組には同年7月31日と8月7日に、2週連続で第8位へランクインされた。

現在でも中村の大ヒット曲である、1967年10月発売の『虹色の湖』などと共に代表曲の一つで有り、さらに当曲を中村自らピアノを伴奏しながら歌唱披露した事も有った。

B面の「夜ふかし気分」は1978年に発売された江利チエミのシングルのカバーである。

恋の綱わたり:歌詞

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

虹色の湖/砂の十字架/恋の綱わたり [ 中村晃子 ]
価格:1,324円(税込、送料無料) (2023/9/5時点)


金井克子--『他人の関係』 

金井克子--『他人の関係』
「他人の関係」(たにんのかんけい)とは、金井克子の楽曲で、31枚目のシングルである。1973年3月21日に発売。
作詞:有馬三恵子/作曲・編曲:川口真
金井克子のシングル盤では唯一、オリコントップ10にランクインした。1973年6月4日付チャートでトップ30入り、徐々に順位を上げ、同年7月23日及び7月30日付チャートで最高の7位を記録。トップ10には連続8週ランクされた。「パッパッパヤッパー」(実際のレコーディングでは、ソフトなタッチで「バンバンババンバン」と歌われている)という、独特のスキャットをフィーチャーしたイントロ・間奏と、それに合わせた指さし確認のような振り付けを披露している。この振り付けはスイート・チャリティーで男性ダンサーがたばこを手に踊るダンスをモチーフとしたもので、金井克子のステージではよくフラッシャーズという男性のバックダンサーを従えて演じられた。公称売上は100万枚を突破した。

『第24回NHK紅白歌合戦』で披露された。また、"夏の紅白"と云われる『思い出のメロディー』で披露される機会も多い。

「他人の関係」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴールデン☆ベスト 金井克子 [ 金井克子 ]
価格:2,483円(税込、送料無料) (2023/5/17時点)



岩崎良美--『赤と黒』 

岩崎良美--『赤と黒』
『赤と黒』 1980年2月21日リリース、この曲が『岩崎良美』のデビューシングルです。
作詞:なかにし礼/作曲:芳野藤丸/編曲:大谷和夫
オリコンウィークリーチャートでは、1980年3月3日付で57位に初登場。最高位19位まで上昇をした。
デビューから約1ヶ月後、1980年3月30日開催の第9回東京音楽祭にて同曲を披露。国内大会で大賞を受賞し世界大会に出場した。

赤と黒:歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

岩崎良美 SINGLES コンプリート [ 岩崎良美 ]
価格:2,468円(税込、送料無料) (2023/4/1時点)



西城秀樹--『ブルースカイ ブルー』 

西城秀樹--『ブルースカイ ブルー
『ブルースカイ ブルー』 1978年8月25日リリース 西城秀樹の26枚目のシングル
作詞:阿久悠 作曲・編曲:馬飼野康二
前作の「炎」に続き作詞:阿久悠、作曲:馬飼野康二のコンビによる、スケールの壮大な場景が感じられるスロー・バラードの作品である。
第20回日本レコード大賞・金賞、第7回FNS歌謡祭・最優秀歌唱賞を受賞した。

「ブルースカイ ブルー」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

'85 HIDEKI SPECIAL IN BUDOHKAN -For 50 Songs-【Blu-ray】 [ 西城秀樹 ]
価格:4,950円(税込、送料無料) (2023/3/20時点)



国武万里--『ポケベルが鳴らなくて』 

国武万里--『ポケベルが鳴らなくて
「ポケベルが鳴らなくて」は、国武万里の2作目のシングル。1993年7月21日発売
作詞: 秋元康、作曲: 後藤次利、編曲: 後藤次利
「ポケベルが鳴らなくて」は、日本テレビ系ドラマ『ポケベルが鳴らなくて』の主題歌(オープニングテーマ)に使用され、劇中で『ポケットベル(ポケベル)』は、二人の重要な通信ツールとなっており、主人公に想いを表現したヒロインの心境を表現した歌詞となっている。
「ポケベルが鳴らなくて」は50万枚を超えるヒット曲となり、国武万里は第35回日本レコード大賞の新人賞と、第31回ゴールデン・アロー賞の新人賞(音楽)を同時に受賞した。

ポケベルが鳴らなくて:歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国武万里ベストアルバム [ 国武万里 ]
価格:1751円(税込、送料無料) (2023/2/9時点)



菅原洋一&シルヴィア--『アマン』 

菅原洋一&シルヴィア--『アマン
『アマン』 1982年11月リリース 菅原洋一シルヴィアのデュエット曲
作詞:杉紀彦、作曲:森田公一
1982年、同じ事務所に所属する(当時)シルヴィアと歌った「アマン」が翌1983年にかけてヒットし、デュエット・ソングの定番の1曲となった。

「アマン」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

決定盤::デュエット大ヒット大全集 [ (オムニバス) ]
価格:2818円(税込、送料無料) (2023/2/4時点)



石川さゆり--『天城越え』 

石川さゆり--『天城越え
天城越え 1986年7月21日発売 作詞:吉岡治 作曲:弦哲也 編曲:桜庭伸幸
「津軽海峡・冬景色」と並ぶヒット曲です。
1986年の「日本レコード大賞」金賞受賞曲。
演歌を知らない若者でも『<天城越え』なら知っているという人は多いと思います。
当時のカラオケブームの最中に、「石川さゆりにしか歌えない、難易度の高い作品を」ということで制作された楽曲である。作曲した弦によると「石川さゆりは『天城越え』の歌詞を初めて見た瞬間、戸惑いの表情を浮かべた。“こんな情念の籠もった歌、自分には歌えない”そううろたえ途方に暮れている様子だった。しかし、その後石川さゆりは一つ一つの歌詞に真正面から向き合い、解釈し、消化していった。言うなれば『天城越え』をゆっくり自分の身体に染み込ませていった」と語っている。

2008年シーズンの大リーグ選手・イチローの打席曲にもなった。これはシーズンオフに帰国して紅白歌合戦を見ていたイチローが本曲を聴いて、「記録など、いろいろな物を越えたい」と思ったからだという。その後石川さゆりはマリナーズのホームゲームに招待された。但し、石川さゆり自身は「野球音痴」だという。

「天城越え」 歌詞

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラチナムベスト 石川さゆり [ 石川さゆり ]
価格:3070円(税込、送料無料) (2023/1/29時点)



小林明子--『恋におちて -Fall in love-』 

小林明子--『恋におちて -Fall in love-
『恋におちて -Fall in love- 1985年8月31日リリース 小林明子のデビューシングル
作詞:湯川れい子/作曲:小林明子/編曲:萩田光雄
(TBS系テレビドラマ・『金曜日の妻たちへ』主題歌)でシンガーデビュー。
社会現象化したドラマと共に大ヒットとなり、この曲で日本レコード大賞作曲奨励賞を授賞。
現在でも1980年代の名曲の一つとして親しまれています。

この曲は、ドラマ放映より1年も前に当時音楽制作会社に勤務していた小林明子がある歌手のために作曲したが、その歌手が引退してしまった。しばらくして偶然にドラマ関係者の耳に入り、湯川れい子が詞をつけ、歌手を誰にしようかと検討したところ、デモテープ用に歌った声がいい、と小林明子が歌うことになった。
この歌詞は湯川の実体験によるもので、また湯川が重視したのは「I'm just a woman Fall in love」の辺りという。
湯川は作詞するのにとても時間がかかったと語っている。特に「ダイヤル回して手を止めた」の部分はダイヤル式の電話を指しているが、1980年代後半は公衆電話がダイヤル式からプッシュホン式に替わったケースが多かったが、ダイヤル式は電話をかける時に時間がかかり、その時に迷う心理を表現するためにあえてこの部分を残して発表した。湯川は変更しようとしたが、当時のレコード会社のプロデューサーに「ここがいいんだ。ここを変えたらこの曲は死にます」と強く説得されたと語っている。

「恋におちて -Fall in Love-」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GOLDEN☆BEST 小林明子 Single Collection~恋におちて~ [ 小林明子 ]
価格:2579円(税込、送料無料) (2023/1/28時点)



テレサ・テン--『愛人』 

テレサ・テン--『愛人』
「愛人」1985年2月21日にリリース テレサ・テンの15枚目のシングル
作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし、編曲:川口真
「愛人」は前作「つぐない」・次作「時の流れに身をまかせ」などと並んで、「アジアの歌姫」テレサ・テンの代表曲の一つである。

有線放送のリクエストチャートで14週連続1位を記録しており、また、全日本有線放送大賞と日本有線大賞では1984年の『つぐない』、1985年の『愛人』で2連覇を達成。1985年の『第36回NHK紅白歌合戦』に唐代の楊貴妃をイメージしたデザインの衣装で初出場を果たしている。

「愛人」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

全曲集~再来(ふたたび)(CD+DVD) [ テレサ・テン ]
価格:2987円(税込、送料無料) (2023/1/22時点)



森昌子--『越冬つばめ』 

森昌子--『越冬つばめ
「越冬つばめ」1983年8月21日発売 森昌子の41枚目のシングル。
作詞:石原信一/作曲:篠原義彦/編曲:竜崎孝路
「越冬つばめ」は、シンガーソングライターの円広志が本名の篠原義彦名義で作曲を手掛け、森昌子はこの曲で1983年の『第34回NHK紅白歌合戦』に出場しており、歌唱途中で感極まり涙を流すシーンがあった。それから18年後の2001年の『第52回NHK紅白歌合戦』でも、自身ヒットソングメドレーの中で「せんせい」(1972年)と「哀しみ本線日本海」(1981年)のシングル曲2曲と共に歌われた。
TBSテレビ『ザ・ベストテン』では、翌1984年1月19日放送時に「今週のスポットライト」コーナーで出演している。

「越冬つばめ」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

森昌子 全曲集 [ 森昌子 ]
価格:3300円(税込、送料無料) (2023/1/16時点)



歌手名(50音順)
aiko
赤い鳥
浅香唯
天知茂
あみん
因幡晃
イルカ
H2O
EPO
岡晴夫
小椋佳
尾崎豊
雅夢
狩人
ガロ
冠二郎
岸洋子
class
globe
CoCo
小林旭
ZARD
堺正章
坂本九
THE ALFEE
椎名恵
城卓也
SHOGUN
SHOW-YA
少年隊
SPEED
芹洋子
千昌夫
園まり
平浩二
高樹澪
高山厳
Char
TUBE
津村謙
長渕剛
橋幸夫
PUFFY
林寛子
早見優
B'z
藤圭子
布施明
古時計
BOOWY
堀江淳
BORO
MAX
円広志
Mi-Ke
MISIA
水谷豊
水原弘
三田明
南沙織
南佳孝
森進一
森昌子
泰葉
矢吹健
吉幾三
りりィ
渡哲也
タグ無限ツリー