日本有線大賞昭和歌謡曲ベストヒット大全集
fc2ブログ

昭和歌謡曲ベストヒット大全集

昭和の歌謡曲、フォークソング、ニューミージック、演歌、J-POPまで青春を過ごした名曲、ヒット曲、懐メロ。 昭和の良き時代を中心に90年代J-POPまで無料でPV動画やMP3が視聴できる『昭和歌謡曲ベストヒット大全集』で青春時代を想い出してみませんか?
他の人はこんな曲を聴いています(最近のクリック)
Sponsor AD



さくらと一郎--『昭和枯れすゝき』 

さくらと一郎--『昭和枯れすゝき
「昭和枯れすゝき」(しょうわかれすすき)は、さくらと一郎のシングル。1974年(昭和49年)7月21日発売。発売元はポリドールレコード(レコード番号:DR-1868)。150万枚を売り上げ、1975年オリコン年間ヒットチャート1位を記録した。
作詞:山田孝雄、作曲:むつひろし、編曲:伊部晴美
1974年7月21日に発売した当初はレコードの売れ行きが伸び悩んでいたが、同年10月16日から放送開始された『時間ですよ昭和元年』(TBS系列)の挿入歌として、細川俊之演じる十郎と大楠道代演じる菊との居酒屋の場面に効果的に使われたことにより、有線放送を中心に人気に火が付き、発売約9か月後の1975年5月5日から3週間、オリコンシングルチャート1位を獲得した。グループ唯一のミリオンセラーも達成している。この年のオリコンシングルチャートで年間1位となり、『第8回全日本有線放送大賞』では大賞にも輝いている。

この後1978年に一郎(徳川一郎)がさくら(河野さくら)とのコンビを解消。2代目さくら(山岡さくら)と新コンビを結成し、新たに「昭和枯れすゝき」をリリースした。

一方、初代さくら(河野さくら)も漫談家松鶴家千とせとユニットを組み“さくらと千とせ”として「昭和枯れすゝき」をリリースしている。

「昭和枯れすゝき」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

昭和枯れすすき~デュエット歌謡ベスト [ (V.A.) ]
価格:1,210円(税込、送料無料) (2023/7/31時点)


テレサ・テン--『別れの予感』 

テレサ・テン--『別れの予感』
「別れの予感」は、1987年6月21日にリリースされたテレサ・テンのシングル。
作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし、編曲:林有三、ストリングス・アレンジ:服部克久

中国語曲名は「別離的預感」もしくは「襟曲」であるが、テレサ・テン本人による中国語カバーはされていない。

「別れの予感」歌詞


もんた&ブラザーズ--『ダンシング・オールナイト』 

もんた&ブラザーズ--『ダンシング・オールナイト
「ダンシング・オールナイト」は、もんた&ブラザーズのメジャー・デビュー・シングル。1980年4月21日発売
作詞:水谷啓二 作曲:もんたよしのり 編曲:もんた&Brothers・松井忠重
1971年にソロ歌手としてデビューするも思うようなヒットを出せなかったもんたよしのりがレコード会社と再起をかけた思いで結成したバンド・もんた&ブラザーズのデビュー曲。

当時、もんたよしのり本人は「売れるわけないやん」とすっかり弱気になっており、これが最後のレコーディングになるだろうと思っていたが、発売前から有線放送で火がつき各地で第1位を獲得。オリコンシングルチャートでも同年5月最終週付第19位に登場、翌週第4位まで上昇。翌々週に同チャートで第1位を獲得、そこから10週連続で第1位を独走した。TBS系音楽番組『ザ・ベストテン』でも通算7週第1位を獲得。
1980年代(集計期間:1979年12月 - 1989年11月)オリコンチャートシングル売上ランキング第1位。累計売上は200万枚。
年末には第11回日本歌謡大賞で放送音楽特別賞、第13回全日本有線放送大賞で大賞を獲得。第22回日本レコード大賞でも金賞を受賞、賞レースで数々の賞を獲得。

『ダンシング・オールナイト』歌詞


野口五郎--『私鉄沿線』 

野口五郎--『私鉄沿線
「私鉄沿線」は、1975年1月に野口五郎がリリースした15枚目のシングル。
作詞:山上路夫/作曲:佐藤寛/編曲:筒美京平
作曲の担当は、1974年の「愛ふたたび」に引き続き、野口五郎の実兄・佐藤寛である。佐藤は、野口五郎が前年に発表した「甘い生活」がオリコンチャート1位になったことがプレッシャーとなり、本曲発表後、十二指腸潰瘍で入院した。
第17回日本レコード大賞・歌唱賞、第6回日本歌謡大賞・放送音楽賞、第8回日本有線大賞・グランプリを受賞した。
野口五郎は『第26回NHK紅白歌合戦』(4度目)に出場し、前年に続いて新御三家がそろい踏みとなった。
累計売上は120万枚とミリオンセラーを記録した。
発売から50年近く経った現在も野口五郎の代表曲の一つとされ、自身のコンサートや懐メロの歌謡番組などで同曲を披露することが多い。

「私鉄沿線」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FACE GORO A SIDE STORY [ 野口五郎 ]
価格:5399円(税込、送料無料) (2023/2/9時点)



テレサ・テン--『時の流れに身をまかせ』 

テレサ・テン--『時の流れに身をまかせ
「時の流れに身をまかせ」は、テレサ・テンの16作目のシングル曲。1986年2月21日発売。
英語でのタイトルは、"I only care about you"。また、テレサ・テン自身によって、「我只在乎你」というタイトルで中国語版としても発売された。
「つぐない」、「愛人」に続き、作詞・荒木とよひさ、作曲・三木たかしのコンビ作品の3曲目である。なお前2作品はマイナー調の曲だったが、同曲はメジャー調に仕上がっている。

第19回日本有線大賞および、第19回全日本有線放送大賞(年間)で、それぞれ史上初となる3年連続のグランプリを受賞した。なお、東西の有線大賞3年連続同時大賞・グランプリ達成という記録はテレサ・テンのみである。
1986年度と1987年度の日本音楽著作権協会(JASRAC)発表による楽曲別の著作権使用料分配額(国内作品)で、2年連続で年間トップ10にランクインされた唯一の楽曲となった。

「時の流れに身をまかせ」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

生誕60年 ダイヤモンド・ベスト [ テレサ・テン ]
価格:2539円(税込、送料無料) (2023/2/2時点)



テレサ・テン--『愛人』 

テレサ・テン--『愛人』
「愛人」1985年2月21日にリリース テレサ・テンの15枚目のシングル
作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし、編曲:川口真
「愛人」は前作「つぐない」・次作「時の流れに身をまかせ」などと並んで、「アジアの歌姫」テレサ・テンの代表曲の一つである。

有線放送のリクエストチャートで14週連続1位を記録しており、また、全日本有線放送大賞と日本有線大賞では1984年の『つぐない』、1985年の『愛人』で2連覇を達成。1985年の『第36回NHK紅白歌合戦』に唐代の楊貴妃をイメージしたデザインの衣装で初出場を果たしている。

「愛人」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

全曲集~再来(ふたたび)(CD+DVD) [ テレサ・テン ]
価格:2987円(税込、送料無料) (2023/1/22時点)



内山田洋とクール・ファイブ--『そして、神戸』 

内山田洋とクール・ファイブ--『そして、神戸
「そして、神戸」1972年11月15日発売 内山田洋とクール・ファイブの14枚目のシングル
作詞:千家和也/作曲:浜圭介/編曲:森岡賢一郎
「そして、神戸」は、第15回日本レコード大賞において作曲賞を受賞。

クール・ファイブの元メンバー・前川清は、第42回NHK紅白歌合戦(1991年)、第46回NHK紅白歌合戦(1995年、曲の舞台となった神戸を中心に甚大な被害を受けた阪神大震災が発生した年である)、第55回NHK紅白歌合戦(2004年、ゴスペラーズとの共演)、第58回NHK紅白歌合戦(2007年、クール・ファイブとの共演)において、「そして、神戸」を歌唱している。
前川清は、前述のクール・ファイブやゴスペラーズとの共演のほか、ロックバンドグループ・THE THRILLの演奏で本楽曲を歌唱したこともある。

「そして、神戸」 歌詞


テレサ・テン--『つぐない』 

テレサ・テン--『つぐない
「つぐない」1984年1月21日発売 テレサ・テンの14枚目のシングル。テレサ自身によって、「償還」というタイトルで中国語版としても発売された。
作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:川口真
テレサ・テン自身オリコンチャートでは初のベストテン入りを果たし、またTBSテレビ「ザ・ベストテン」では、1984年7月5日に「今週のスポットライト」で初出演、翌1985年1月17日放送時に初のランクイン(8位・1週のみ)となった。また、同曲でオリコンセールスは44.2万枚。別説として、売上枚数150万枚とする資料も存在する。 第17回日本有線大賞、および第17回全日本有線放送大賞(年間)で、テレサ自身初となる東西有線大賞でグランプリ2冠受賞を達成した。

「つぐない」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベスト全曲集~21世紀へ伝えたい名曲たち~ [ テレサ・テン ]
価格:2805円(税込、送料無料) (2023/1/15時点)



吉幾三--『酒よ』 

吉幾三--『酒よ
『酒よ』 1988年9月1日リリース
作詞:吉幾三 作曲:吉幾三 編曲:池多孝春
1989年度のJASRAC賞で金賞を受賞しているほか、吉幾三はこの曲のヒットにより1988年の全日本有線放送大賞グランプリを受賞している。
吉幾三としては『雪國』に次ぐヒット作であり、この曲で名実共に一流演歌歌手としての地位を確立した。
1994年5月25日に発売された9番・10分に及ぶ「酒よ…追伸」、自分の半生を歌った30番・26分に及ぶ「酒よ我が人生…」も存在する。

「酒よ」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リクエストスーパーベスト [ 吉幾三 ]
価格:2799円(税込、送料無料) (2023/1/7時点)



森進一--『港町ブルース』 

森進一--『港町ブルース
『港町ブルース』1969年4月15日発売 森進一の12枚目のシングル
作詞:深津武志/補作詞:なかにし礼/作曲:猪俣公章/編曲:森岡賢一郎
歌詞は雑誌『平凡』1969年2月号にて募集された。多くのご当地ソングは1か所の地名が登場するが、本曲は前年に森進一が全国各地の地名を歌いこんでヒットした「盛り場ブルース」の二匹目のドジョウを狙い、企画した渡辺プロダクションが「港町ブルース」というタイトルを決めた上で全国各地の地名を盛り込んだ歌詞を募集した。37528通の応募の中から7人の詞を部分的に選び、なかにし礼が補作して最終的な歌詞が決定した。
発売されて2週間余りでオリコンチャートのベストテンに初登場し、5週にわたり1位にランクインされるなど、森進一のシングルでは最高の売上を記録し、ミリオンセラーとなった(なお売上については、230万枚、250万枚との報道もある)。
同年開催の「第11回日本レコード大賞」では大賞の最有力候補と目されたが、1票差で佐良直美の「いいじゃないの幸せならば」に敗れ、最優秀歌唱賞を受賞した。「第2回日本有線大賞」では大賞を受賞している。有線大賞は前年の「盛り場ブルース」に次いで2年連続である。「第20回NHK紅白歌合戦」では2回目の出場にして白組のトリを務めた。
2011年末の第62回NHK紅白歌合戦では、東日本大震災復興支援をテーマとして1969年以来42年ぶりに同曲を歌唱した。

「港町ブルース」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

森進一ベスト ≪演歌の心を唄う≫ [ 森進一 ]
価格:3433円(税込、送料無料) (2022/12/29時点)



歌手名(50音順)
aiko
赤い鳥
浅香唯
天知茂
あみん
因幡晃
イルカ
H2O
EPO
岡晴夫
小椋佳
尾崎豊
雅夢
狩人
ガロ
冠二郎
岸洋子
class
globe
CoCo
小林旭
ZARD
堺正章
坂本九
THE ALFEE
椎名恵
城卓也
SHOGUN
SHOW-YA
少年隊
SPEED
芹洋子
千昌夫
園まり
平浩二
高樹澪
高山厳
Char
TUBE
津村謙
長渕剛
橋幸夫
PUFFY
林寛子
早見優
B'z
藤圭子
布施明
古時計
BOOWY
堀江淳
BORO
MAX
円広志
Mi-Ke
MISIA
水谷豊
水原弘
三田明
南沙織
南佳孝
森進一
森昌子
泰葉
矢吹健
吉幾三
りりィ
渡哲也
タグ無限ツリー