野球の歌昭和歌謡曲ベストヒット大全集
fc2ブログ

昭和歌謡曲ベストヒット大全集

昭和の歌謡曲、フォークソング、ニューミージック、演歌、J-POPまで青春を過ごした名曲、ヒット曲、懐メロ。 昭和の良き時代を中心に90年代J-POPまで無料でPV動画やMP3が視聴できる『昭和歌謡曲ベストヒット大全集』で青春時代を想い出してみませんか?
アーカイブ
他の人はこんな曲を聴いています(最近のクリック)
Sponsor AD



ピンク・レディー--『サウスポー』 

ピンク・レディー--『サウスポー
サウスポー 1978年3月リリース ピンク・レディー7枚目のシングル
作詞:阿久悠/作曲・編曲:都倉俊一
サウスポーは9週連続オリコンチャート1位の座を獲得
オリコンでは「渚のシンドバッド」、「ウォンテッド (指名手配)」、「UFO」につづいてサウスポーでもミリオンセールスを記録
この曲で4度目、4作品連続ミリオンセールスを記録しました。
最初にレコーディンされた作品は都倉俊一によるスローテンポで大人しい曲で、阿久悠も別の詞をつけていた。
しかし、ディレクターの飯田久彦が「これまでの作品に比べ、勢いがなく、面白みがない」として都倉俊一の新しい曲を持って来て阿久悠に歌詞の作り直しを願い出た。
翌日の夜にレコーディングという予定の中、阿久悠は深夜から新たな歌詞を創作。
阿久悠は最初の大人しい曲のまま世に出ていたら、ピンク・レディーの人気の失速のきっかけとなっていたかもしれないとしています。
歌詞に直接名前は出てこないが、発売当時通算本塁打数世界一の記録を作り、時の人となっていた読売ジャイアンツの王貞治を連想させる人物との対決の様子が歌われている。
阿久悠はこの曲がヒットした後、王貞治に会った際、「ぼくの歌をありがとう」とお礼を言われたという。
最初の歌詞には王貞治を連想させる箇所はなかったそうです。

『サウスポー』歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ベスト・ヒット・アルバム [ ピンク・レディー ]
価格:3520円(税込、送料無料) (2022/12/27時点)



歌手名(50音順)
aiko
赤い鳥
浅香唯
天知茂
あみん
因幡晃
イルカ
H2O
EPO
岡晴夫
小椋佳
尾崎豊
雅夢
狩人
ガロ
冠二郎
岸洋子
class
globe
CoCo
小林旭
ZARD
堺正章
坂本九
THE ALFEE
椎名恵
城卓也
SHOGUN
SHOW-YA
少年隊
SPEED
芹洋子
千昌夫
園まり
平浩二
高樹澪
高山厳
Char
TUBE
津村謙
長渕剛
橋幸夫
PUFFY
林寛子
早見優
B'z
藤圭子
布施明
古時計
BOOWY
堀江淳
BORO
MAX
円広志
Mi-Ke
MISIA
水谷豊
水原弘
三田明
南沙織
南佳孝
森進一
森昌子
泰葉
矢吹健
吉幾三
りりィ
渡哲也
タグ無限ツリー