駅昭和歌謡曲ベストヒット大全集
fc2ブログ

昭和歌謡曲ベストヒット大全集

昭和の歌謡曲、フォークソング、ニューミージック、演歌、J-POPまで青春を過ごした名曲、ヒット曲、懐メロ。 昭和の良き時代を中心に90年代J-POPまで無料でPV動画やMP3が視聴できる『昭和歌謡曲ベストヒット大全集』で青春時代を想い出してみませんか?
他の人はこんな曲を聴いています(最近のクリック)
Sponsor AD



小柳ルミ子--『冬の駅』 

小柳ルミ子--『冬の駅
作詞:なかにし礼/作曲:加瀬邦彦/編曲:森岡賢一郎

「冬の駅」(ふゆのえき)は小柳ルミ子の13枚目のシングル。1974年10月10日にワーナー・パイオニアから発売された。
小柳ルミ子のシングル曲では、「わたしの城下町」「瀬戸の花嫁」「京のにわか雨」に続いて通算4作目となる週間オリコンチャート首位を獲得。なお、小柳自身オリコン週間1位の作品は当曲が最後となっている。

この曲で、同年の大晦日に放送された第25回NHK紅白歌合戦に出場した。


冬の駅:歌詞



井沢八郎--『あゝ上野駅』 

井沢八郎--『あゝ上野駅
「あゝ上野駅」(ああうえのえき)は、1964年(昭和39年)5月に発表された日本のポピュラーソング(演歌)。
作詞:関口義明、作曲:荒井英一
関口義明は、上野駅で見かけた集団就職の少年たちを題材に詞を書き、農家向け家庭雑誌『家の光』の懸賞に応募、1位入選を果たした。

これを見た東芝レコードの近藤秀男によりレコード化され、当時ほぼ無名の若手歌手だった井沢八郎が歌った。1位入選作は大物歌手によってレコード化されるという触れ込みであったため、関口は落胆したが、歌手を志して青森県から単身上京した井沢八郎自身の人生も重なり、発売後まもなく「金の卵」と呼ばれた集団就職者などから支持と共感を得て、高度成長期の世相を描いた代表的ヒット曲となった。いわゆる団塊の世代を中心に「心の応援歌」として多くの人々に勇気と感動を与えた楽曲であり、井沢八郎の代表曲との呼び声も高い。

「あゝ上野駅」の累計売上は100万枚を記録した。

「あゝ上野駅」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エッセンシャル・ベスト 1200 井沢八郎 [ 井沢八郎 ]
価格:1,311円(税込、送料無料) (2023/9/23時点)


淡谷のり子--『夜のプラットホーム』 発禁処分を受けた幻の淡谷のり子Ver. 

淡谷のり子--『夜のプラットホーム』 発禁処分を受けた幻の淡谷のり子Ver.
『夜のプラットホーム』(よるのプラットホーム)は、奥野椰子夫作詞、服部良一作曲の歌謡曲。1947年(昭和22年)に二葉あき子が歌って大ヒットし、彼女の代表的なヒット曲の1つに挙げられる歌であるが、もともとは淡谷のり子が吹き込んだものであった。

当初は1939年(昭和14年)公開の映画『東京の女性』(主演:原節子)の挿入歌として淡谷のり子が吹き込んだが、出征する人物を悲しげに見送る場面を連想させる歌詞があるとして、戦時下の時代情勢にそぐわないと検閲に引っかかり、同年に発禁処分を受けた。

夜のプラットホーム:歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

淡谷のり子の世界~別れのブルース~ [ 淡谷のり子 ]
価格:3,300円(税込、送料無料) (2023/9/15時点)


八代亜紀--『愛の終着駅』 

八代亜紀--『愛の終着駅』
「愛の終着駅」(あいのしゅうちゃくえき)は、1977年9月25日に発売された八代亜紀の22枚目のシングル。
作詞:池田充男/作曲:野崎真一/編曲:竹村次郎
第19回日本レコード大賞において最優秀歌唱賞を受賞し、前年の「もう一度逢いたい」に続き2年連続の最優秀歌唱賞受賞という快挙を成し遂げた。これは、第16回、第17回の五木ひろしと並び歴代一位である。
第8回日本歌謡大賞では、放送音楽賞(5年連続)、特別連盟賞を受賞した。
だが、1977年の第28回NHK紅白歌合戦では、同年発売したヒット曲「おんな港町」を歌唱したため、本楽曲が紅白で歌唱されるのは、発売から15年後の1992年・第43回NHK紅白歌合戦まで待たねばならなかった。

本楽曲をモチーフとしたテレビドラマ「愛の終着駅」(TBS「花王 愛の劇場」)が1978年に製作・放送された。
本楽曲の歌碑が岐阜県中津川市の博石館第2駐車場前歩道に建立されている。

愛の終着駅:歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

究極ベスト 八代亜紀 [ 八代亜紀 ]
価格:1,720円(税込、送料無料) (2023/5/16時点)



奥村チヨ--『終着駅』 

奥村チヨ--『終着駅
『終着駅』 1971年12月25日発売
作詞:千家和也/作曲:浜圭介/編曲:横内章次
奥村チヨ自身のイメージを脱却した「終着駅」が大ヒット
この曲は、本人の歌手引退も辞さない強い希望で実現に至った曲である。
この曲を作曲した浜圭介も、この曲のヒットにより、作曲家として息を吹き返し、その後、1974年に浜圭介と結婚、芸能界の第一線を退く。

「終着駅」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

奥村チヨ ゴールデン☆ベスト [ 奥村チヨ ]
価格:1771円(税込、送料無料) (2022/12/13時点)



歌手名(50音順)
aiko
赤い鳥
浅香唯
天知茂
あみん
因幡晃
イルカ
H2O
EPO
岡晴夫
小椋佳
尾崎豊
雅夢
狩人
ガロ
冠二郎
岸洋子
class
globe
CoCo
小林旭
ZARD
堺正章
坂本九
THE ALFEE
椎名恵
城卓也
SHOGUN
SHOW-YA
少年隊
SPEED
芹洋子
千昌夫
園まり
平浩二
高樹澪
高山厳
Char
TUBE
津村謙
長渕剛
橋幸夫
PUFFY
林寛子
早見優
B'z
藤圭子
布施明
古時計
BOOWY
堀江淳
BORO
MAX
円広志
Mi-Ke
MISIA
水谷豊
水原弘
三田明
南沙織
南佳孝
森進一
森昌子
泰葉
矢吹健
吉幾三
りりィ
渡哲也
タグ無限ツリー