サザンオールスターズ昭和歌謡曲ベストヒット大全集

昭和歌謡曲ベストヒット大全集

昭和の歌謡曲、フォークソング、ニューミージック、演歌、J-POPまで青春を過ごした名曲、ヒット曲、懐メロ。 昭和の良き時代を中心に90年代J-POPまで無料でPV動画やMP3が視聴できる『昭和歌謡曲ベストヒット大全集』で青春時代を想い出してみませんか?
Sponsor AD


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サザンオールスターズ--『チャコの海岸物語』 

サザンオールスターズ--『チャコの海岸物語
チャコの海岸物語』1982年1月21日リリース、作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:八木正生
歌いだしの歌詞「抱きしめたい」が有名であるが、実は歌詞カードには記載されていない。
カラオケなどでも""などが付いた表記がなされています。
2番の「愛してるよ」というセリフ及びそれに続く「お前だけを」という歌詞も記載はありません。
タイトルになっている“チャコ”とは元歌手で発売当時ビクター音楽産業のディレクターとして在籍していた現エイベックス・エンタテインメント取締役飯田久彦の愛称であり、愛称や名前をタイトルにした楽曲はサザンの中で他にも数多く見られます。
同じく歌詞に登場する“ミーコ”は『弘田三枝子』、“ピーナッツ”は『ザ・ピーナッツ』から取られているようです。

『チャコの海岸物語』歌詞

真夏の大感謝祭 LIVE(通常盤) [DVD]真夏の大感謝祭 LIVE(通常盤) [DVD]
(2008/12/03)
サザンオールスターズ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

サザンオールスターズ--『希望の轍』 

サザンオールスターズ--『希望の轍
希望の轍』 1990年9月1日リリース 正確には「稲村オーケストラ」
作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:桑田佳祐・小林武史
1990年に公開された映画『稲村ジェーン』のサウンドトラックアルバム『稲村ジェーン』(1990年9月発売)の2曲目に収録された。
“稲村オーケストラ”としてアーティスト名が表記されているようにサザンのオリジナルメンバーは桑田佳祐のみしか参加していない。
ただしこのサウンドトラックにはサザン名義での既発曲も収録されているため、形式上は参加していることになっている。
シングルカットはされていないものの、現在ではサザンの代表曲の1つとして数えられている。
後に桑田自身もラジオ番組内でサザンオールスターズの楽曲として紹介したことがある。
サザンオールスターズ名義のベストアルバム数作(バラッド3など)や、サザンの楽曲をメドレー化した『江ノ島--Southern All Stars Golden Hits Medley』にも収録されているが、これは“サザンオールスターズ”として再録したものではなく、音源はすべてオリジナルにレコーディングしたものがそのまま使われている。
また、サザンのコンサートでも定番の曲である。
2000年8月の『茅ヶ崎ライブ ~あなただけの茅ヶ崎‎~』では初めてオープニング曲として、2000年~2001年および2005年~2006年の年越しライブではそれぞれ年跨ぎ曲として演奏された。
サザンのライブやコンサートで演奏される場合、アレンジはCDに収録されているものとほぼ同じであるが、テンポはかなり速くなっている。
また、CD版と違い2番Bメロの「Baby Love」の箇所はシャウトするのが定番となっている。
なお、レコーディングこそ参加していないものの、ライブなどで披露する際には原由子がオープニングのピアノを担当している。
「希望の轍」歌詞
海のYeah!!海のYeah!!
(1998/06/25)
サザンオールスターズ

商品詳細を見る

サザンオールスターズ--『いとしのエリー』 

サザンオールスターズ--『いとしのエリー
永遠の名曲『いとしのエリー』は、サザンオールスターズの3枚目のシングル。
1979年3月25日リリース、作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦編曲:新田一郎
現在でも広い年齢層から支持を受ける名曲です。
2000年に「TSUNAMI」が大ヒットになるまでは、サザンオールスターズ1番の代表曲とされることも少なくなかった。
ボーカルの桑田佳祐がキーボードの原由子との結婚式に桑田佳祐がこの曲を歌った際、歌詞の「エリー」の部分を「ユウコ」に変えたことは有名です。

『いとしのエリー』歌詞

ステレオ太陽族(リマスタリング盤)ステレオ太陽族(リマスタリング盤)
(2008/12/03)
サザンオールスターズ

商品詳細を見る

サザンオールスターズ--『いなせなロコモーション』 

サザンオールスターズ--『いなせなロコモーション
いなせなロコモーション』 1980年5月21日リリース サザンオールスターズの8枚目のシングル
作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ
歌詞の中には、コニー・フランシス、ドリス・デイ、シュープリームス、フランキー・ヴァリ、ビーチボーイズなど桑田佳祐が強い影響を受けた1950 - 60年代を代表するオールディーズと呼ばれるアメリカンポップスのアーティスト名が多数登場する。
アサヒ飲料『三ツ矢サイダー』CMソングにもなった。
ライブでの演奏頻度が高い楽曲であり、後年のライブではチアリーディングや応援団風の演奏形態がとられるなどのアレンジがされている。
1998年のベストアルバム『海のYeah!!』にも収録されている。
真夏の大感謝祭 LIVE(完全生産限定盤) [DVD]真夏の大感謝祭 LIVE(完全生産限定盤) [DVD]
(2008/12/03)
サザンオールスターズ

商品詳細を見る

サザンオールスターズ--『涙のアベニュー』 

サザンオールスターズ--『涙のアベニュー
涙のアベニュー』 サザンオールスターズの6枚目のシングル 1980年2月21日発売
作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:八木正生
横浜をモチーフにしており、歌詞の中には横浜周辺の地名や横浜を連想するキーワードなどが散りばめられている。
曲はボズ・スキャッグスの「Harbor Lights」に着想を得てかかれた。
そのため、歌詞中にも「ハーバーライト」というフレーズが登場する。
また、基本的にコードを4つしか使っておらず、シンプルにまとめられている。
桑田佳祐によると、この曲は当初B面候補だったそうです。
「涙のアベニュー」歌詞
KAMAKURAKAMAKURA
(2008/12/03)
サザンオールスターズ

商品詳細を見る

サザンオールスターズ--『いなせなロコモーション』 

サザンオールスターズ--『いなせなロコモーション
いなせなロコモーション』 1980年5月21日発売 サザンオールスターズの8枚目のシングル
作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ
歌詞の中には、コニー・フランシス、ドリス・デイ、シュープリームス、フランキー・ヴァリ、ビーチボーイズなど桑田佳祐が強い影響を受けた1950 - 60年代を代表するオールディーズと呼ばれるアメリカンポップスのアーティスト名が多数登場する。
アサヒ飲料『三ツ矢サイダー』CMソングにもなった。
ライブでの演奏頻度が高い楽曲であり、後年のライブではチアリーディングや応援団風の演奏形態がとられるなどのアレンジがされている。
「いなせなロコモーション」歌詞
海のYeah!!海のYeah!!
(1998/06/25)
サザンオールスターズ

商品詳細を見る

サザンオールスターズ--『真夏の果実』 

サザンオールスターズ--『真夏の果実
真夏の果実』 1990年7月25日リリース サザンオールスターズの28枚目のシングル
作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ & 小林武史
ボーカルである桑田佳祐が初監督作品として製作した映画「稲村ジェーン」主題歌。
弦楽器はウクレレのみで演奏され、ギターの大森隆志が担当している。
PVはほぼ映画『稲村ジェーン』から派出した映像のみの構成となっている。
PVのほか、2003年のDVD『Inside Outside U・M・I』にイメージビデオが収録された。
桑田佳祐自身が「サザンの中で一番好きな曲の一つ」と発言しており、この後に発売されたサザンの全てのベストアルバムに収録されている。
他のミュージシャンにカバーされることもしばしばあり、台湾のテレサ・テンも原曲のタイトルと歌詞そのままでカバーした。
1999年に前川清が、2005年にBONNIE PINK with 斉藤和義が、2006年には河村隆一が、2007年には佐藤竹善および歌舞伎町にあるホストクラブAIR GROUPが、2008年にはEXILEおよび中村あゆみがそれぞれカバーしている。
桑田佳祐は同年の年越しライブで「本音はレコード大賞が欲しかった」と語っている。
この年のレコード大賞は同曲と「おどるポンポコリン」が争い、最終的に「おどるポンポコリン」が受賞した。
桑田佳祐は自身のラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』内で小林武史について語ることは少ないが、この曲をラジオで紹介した際にこの曲の小林のアレンジを改めて絶賛していた。
ファンの中では「TSUNAMI」「希望の轍」などと1・2を争う人気曲である。
2008年に行われた「真夏の大感謝祭」では、ファンによる"ライブでの選挙リクエスト投票"が行われ、数ある楽曲の中から投票数第1位に輝いた。
「真夏の果実」歌詞
稲村ジェーン稲村ジェーン
(2008/12/03)
SOUTHERN ALL STARS and All Stars

商品詳細を見る

桑田佳祐--『白い恋人達』 

桑田佳祐--『白い恋人達
白い恋人達桑田佳祐7枚目のシングル。2001年10月24日発売
作詞・作曲・編曲:桑田佳祐 弦&管編曲:島健
タイトルの元ネタは映画「白い恋人たち」であると桑田佳祐は語っており、同映画を映画館で鑑賞した帰りの電車の中で生まれた曲である。
コカ・コーラ/No Reasonキャンペーンソング。
桑田佳祐のソロシングルとしては最大の売上となっている(桑田関連のソロ企画としては桑田佳祐&Mr.Children名義の「奇跡の地球」が最大)
同時発売のアナログ盤は、透明のハート型の変形レコードとなっている。
キスするカップルが描かれている。販促品として配られたシールにもこのイラストは使われていた.。
ジャケットやPVや歌番組では桑田佳祐がピアノを弾いているが、実際曲中でピアノを弾いているのは原由子である。本作収録曲は、翌年のアルバム『ROCK AND ROLL HERO』には収録されず、ベストアルバム『TOP OF THE POPS』に収録されている。
TOP OF THE POPSTOP OF THE POPS
(2002/11/27)
桑田佳祐桑田佳祐&Mr.Children

商品詳細を見る

サザンオールスターズ--『匂艶 THE NIGHT CLUB』 

サザンオールスターズ--『匂艶 THE NIGHT CLUB
匂艶 THE NIGHT CLUB』 サザンオールスターズの15枚目のシングル。1982年5月21日発売。
作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ 弦管編曲:八木正生
タイトルの『匂艶』は桑田佳祐の造語であり、現在ではほぼすべての作品でタイトルの表記を「匂艶(にじいろ)THE NIGHT CLUB」と振りがなを付記している。ちなみに『匂艶』という単語は、後1996年のアルバム『Young Love』収録曲「Moon Light Lover」の歌詞にも登場している。
サザンオールスターズとして初めてPVが制作されました。このPVがそれにあたります。
またシングルクリップのビデオも発売されたが、現在は廃盤になっています。
Young LoveYoung Love
(1996/07/20)
サザンオールスターズ

商品詳細を見る

ブログ内想い出の曲検索
視聴したい曲名や歌手名、ヒットした年号などから検索できます。
Google 検索
当サイト以外のすべてのサイトから検索できます
無料でお小遣いが貯まる魔法のサイト!お財布.com
お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
無料でお小遣いが貯まるポイントサイト!moppy
モッピー | お金がたまるポイントサイト
歌手名(50音順)
aiko
浅香唯
天知茂
因幡晃
イルカ
H2O
EPO
岡晴夫
小椋佳
尾崎豊
雅夢
狩人
ガロ
冠二郎
岸洋子
class
globe
CoCo
小林旭
ZARD
堺正章
坂本九
椎名恵
城卓也
SHOGUN
少年隊
SPEED
芹洋子
千昌夫
園まり
平浩二
高山厳
Char
TUBE
長渕剛
橋幸夫
PUFFY
早見優
B'z
藤圭子
布施明
古時計
BOOWY
堀江淳
BORO
MAX
円広志
Mi-Ke
MISIA
水谷豊
水原弘
三田明
南沙織
南佳孝
森進一
森昌子
泰葉
吉幾三
りりィ
渡哲也
歌詞検索


プロフィール

圭吾--jrapaka2

Author:圭吾--jrapaka2

BBS7.com
BBS7.COM
MENURNDNEXT

あわせて読みたいブログパーツ
相互リンク
ブロとも申請フォーム


ブログパーツ
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。