美川憲一昭和歌謡曲ベストヒット大全集
fc2ブログ

昭和歌謡曲ベストヒット大全集

昭和の歌謡曲、フォークソング、ニューミージック、演歌、J-POPまで青春を過ごした名曲、ヒット曲、懐メロ。 昭和の良き時代を中心に90年代J-POPまで無料でPV動画やMP3が視聴できる『昭和歌謡曲ベストヒット大全集』で青春時代を想い出してみませんか?
他の人はこんな曲を聴いています(最近のクリック)
Sponsor AD



美川憲一--『柳ヶ瀬ブルース』 

美川憲一--『柳ヶ瀬ブルース
柳ヶ瀬ブルース」 1966年4月1日発売 美川憲一3枚目のシングル
作詞・作曲:宇佐英雄/編曲:小杉仁三
作詞作曲者の宇佐英雄は岐阜市の歓楽街『柳ヶ瀬』で流しでこの曲を歌っていたが、彼が自費製作したフィルム・レコードを入手した日本クラウンのディレクター長田幸治が、デビュー当初は青春歌謡路線を歌っていた美川憲一について、「(美川に)青春歌謡路線は向いていない」と判断し、路線を転換させるために3枚目のシングル盤として歌わせたものであり、実際に美川憲一が演歌・ムード歌謡路線に方向転換する転機になった曲である。青春歌謡と比べ暗い曲調のため、当初は美川憲一自身「私は明るい性格だから」などという理由により歌いたくなかったとしばしば番組などで語っている。

日本クラウンは曲の舞台となった地元柳ヶ瀬とタイアップし、この曲が柳ヶ瀬で流行っているとして、スポーツ新聞や週刊誌の記者を取材ツアーに招待、地元でも記者の飲食費を負担するとともに、当日はどこに行ってもこの曲を流し、歌うようにしておいた。このタイアップの結果、この曲が120万枚を超える大ヒット曲となって柳ヶ瀬の地名が全国に知られるようになるとともに、美川憲一自身もスター歌手としての地位を確立することとなる。

いわゆる「ご当地ソング」という言葉は、当曲が評判になり始めた頃クラウンレコード(日本クラウン)の宣伝担当者が使い出して広まったとされる。
また、この曲は、1967年に出した『新潟ブルース』、1968年に出した『釧路の夜』と共に、美川のご当地ソングシリーズ三大ヒット曲と謳われている。
さらに、『柳ヶ瀬ブルース』をモチーフにして東映が同名タイトルの映画を梅宮辰夫主演で製作、美川も出演して劇中で同曲を歌唱している。

1990年に新録音されたバージョンもあり、ベスト版ではこちらが収録されている場合も多い。なおオリジナル版と比較すると全体的に節回しがやや違う。1991年には新録音バージョン(編曲:服部克久)がシングルリリースされた。

柳ヶ瀬ブルース:歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美川憲一全曲集 ~春待ち坂・さそり座の女~ [ 美川憲一 ]
価格:2524円(税込、送料無料) (2022/11/27時点)



美川憲一--『さそり座の女』 

美川憲一--『さそり座の女
さそり座の女』 1972年12月20日発売 美川憲一の25枚目のシングル
作詞:斎藤律子 作曲:中川博之
「柳ヶ瀬ブルース」と並ぶ、美川憲一の代表曲のひとつ。
元々は「さそり座の女」がB面曲として収録される予定だったが、曲を気に入った美川憲一がクラウンレコードに直接頼み込んで、A面にしてもらい発売となった。
『NHK紅白歌合戦』において度々歌われ、2008年までに計6回歌唱。
NHK紅白歌合戦での歌唱曲は、NHK側によって選出され、「さそり座の女」は2006年からは曲名の後に西暦をつけてアレンジを変えることで歌唱している。
2008年、3年連続で歌唱したことにより、同一歌手による同一曲歌唱の記録として、千昌夫の「北国の春」、秋川雅史「千の風になって」と並んだ(2009年1月1日時点)。
このことは、楽曲としては評価されていることに値するが、歌手としては他の持ち歌を披露できないという複雑な記録といえる。
「さそり座の女」歌詞
美川憲一全曲集美川憲一全曲集
(2008/11/05)
美川憲一

商品詳細を見る

歌手名(50音順)
aiko
赤い鳥
浅香唯
天知茂
あみん
因幡晃
イルカ
H2O
EPO
岡晴夫
小椋佳
尾崎豊
雅夢
狩人
ガロ
冠二郎
岸洋子
class
globe
CoCo
小林旭
ZARD
堺正章
坂本九
THE ALFEE
椎名恵
城卓也
SHOGUN
SHOW-YA
少年隊
SPEED
芹洋子
千昌夫
園まり
平浩二
高樹澪
高山厳
Char
TUBE
津村謙
長渕剛
橋幸夫
PUFFY
林寛子
早見優
B'z
藤圭子
布施明
古時計
BOOWY
堀江淳
BORO
MAX
円広志
Mi-Ke
MISIA
水谷豊
水原弘
三田明
南沙織
南佳孝
森進一
森昌子
泰葉
矢吹健
吉幾三
りりィ
渡哲也
タグ無限ツリー