ウ昭和歌謡曲ベストヒット大全集
fc2ブログ

昭和歌謡曲ベストヒット大全集

昭和の歌謡曲、フォークソング、ニューミージック、演歌、J-POPまで青春を過ごした名曲、ヒット曲、懐メロ。 昭和の良き時代を中心に90年代J-POPまで無料でPV動画やMP3が視聴できる『昭和歌謡曲ベストヒット大全集』で青春時代を想い出してみませんか?
他の人はこんな曲を聴いています(最近のクリック)
Sponsor AD



内田あかり--『浮世絵の街』 

内田あかり--『浮世絵の街』
デビュー7年目の1973年、CBSソニーに移籍。芸名を「内田あかり」に改名。歌手はルックスが第一なので顔に重点を置いた上で「彼女の丸い顔に感じが似ている文字なので『内田』、あかりという名前はその丸い顔にいつも光が差しているように」という意味で名づけたという。
「浮世絵の街」は1973年8月1日発売、作詞:石坂まさを、作曲・編曲:川口真

「浮世絵の街」は衣装制作に山本寛斎、ジャケット画に上村一夫を迎え、大プロモーションをかけ70万枚の大ヒット。
寛斎デザインによる同曲のキモノ・スタイルの薄いブラウス衣装は、デザイン料込みで120万円。テレビ等ではノーパンで歌唱したという。その後「浮世絵の街」が映画化された際には主演も務めた。

浮世絵の街:歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

内田あかり プレミアム・ベスト2014 [ 内田あかり ]
価格:2,390円(税込、送料無料) (2023/9/8時点)


[#タグ] 1970年代

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド--『涙のシークレット・ラヴ』 

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド--『涙のシークレット・ラヴ』
『涙のシークレット・ラヴ』1976年7月20日リリース メジャーデビュー7枚目のシングル
作詞:宇崎竜童、作曲:宇崎竜童

涙のシークレット・ラヴ:歌詞

[#タグ] 1970年代 J-POP ロック

Wink--『One Night In Heaven ~真夜中のエンジェル~』 

Wink--『One Night In Heaven ~真夜中のエンジェル~
「One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜」 Winkの6枚目のシングル 1989年11月1日発売
作詞:松本隆、作曲:スティーブ・リローニ(ドイツ語版)、ダン・ナヴァーロ、全編曲:船山基紀
Winkのデビュー30周年である2018年4月27日には、完全限定盤として17cmアナログ・シングルがダブル・ジャケット仕様で再リリースされている。
「One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜」は、作詞を松本隆、作曲をスティーブ・リローニ(ドイツ語版)とダン・ナヴァーロ(英語版)、編曲を船山基紀が担当したWinkの楽曲。『ザテレビジョン』では、「この曲はカバーじゃなくて、WINKのために初めて海外作家が書き下ろした作品だ。これまでユーロビート系の曲が中心となっていた彼女たちのシングル、今回はかわいいラップを含むブラコンのり。そこにエスニックな香りを漂わせた、少し大人の世界を感じさせる仕上がりになっている。」として紹介されている。

マックロードM10(松下電器産業)のCMソングに起用され、Wink主演の単発ドラマ『コンプレックス 可愛いコになれない』(TBS系、1989年12月29日放送)のエンディングテーマとしても使用された。

「One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜」:歌詞

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Twin Memories [ Wink ]
価格:3,061円(税込、送料無料) (2023/7/28時点)


ダウン・タウン・ブギウギ・バンド--『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』 

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド--『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』
「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」(みなとのヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ)は、1975年4月20日に東芝EMI(現:ユニバーサルミュージック)から発売されたダウン・タウン・ブギウギ・バンド4作目のシングル曲。発売当初は「カッコマン・ブギ」のB面曲だった。
作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
オリコンチャートの週間順位で5週(1975年6月23日 - 7月21日付)に渡り1位を獲得。1975年のオリコン年間ヒットチャートでは第5位にランクインし、さらに大晦日の『第26回NHK紅白歌合戦』に初出場をした。同年開催の第17回日本レコード大賞では、企画賞を受賞している。

発売当初「カッコマン・ブギ」をA面にして発売された。これは前作「スモーキン・ブギ」がヒットしたことで、次のシングルもブギ物としたものだが、発売前に表題曲が有線チャートで急上昇したため、発売1か月後に「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」をA面に格上げして再発売。累計売上はミリオンセラーに達した。

港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ:歌詞


内山田洋とクール・ファイブ--『長崎は今日も雨だった』 

内山田洋とクール・ファイブ--『長崎は今日も雨だった
「長崎は今日も雨だった」(ながさきはきょうもあめだった)は、1969年2月1日に発売された内山田洋とクール・ファイブのメジャーデビュー曲にして、最大のヒット曲。グループ脱退後、ソロ歌手となった前川清の代表曲でもある。
作詞:永田貴子/作曲:彩木雅夫/編曲:森岡賢一郎
発売約4ヶ月後にオリコンBEST10入り。森進一の「港町ブルース」(年間第2位)や、森山良子の「禁じられた恋」(年間第6位)に阻まれて2位止まりとなるが、年間売上第8位のロングセラーになった。同年11月に発売されたアルバム『長崎は今日も雨だった』も年間30万枚を超える大ヒットとなったが、最高位は2位だった。
累計売上は約150万枚に達するミリオンセラーになった。

この曲のヒットで同年の第11回日本レコード大賞新人賞を受賞、「第20回NHK紅白歌合戦」にも初出場を果たし、内山田洋とクールファイブは一躍全国区に名乗りを上げた。

「長崎の女」(春日八郎、1963年)、「長崎ブルース」(青江三奈、1968年)、「思案橋ブルース」(中井昭・高橋勝とコロラティーノ、1968年)、「長崎は今日も雨だった」(1969年)、「長崎の夜はむらさき」(瀬川瑛子、1970年)と、長崎県のご当地ソングに大ヒット作が続いた事から、全国的な長崎ブームを巻き起こし観光面でも大きく貢献した。

「長崎は今日も雨だった」 歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・歌謡コーラス 内山田洋とクールファイブ(CD)
価格:11,000円(税込、送料別) (2023/6/3時点)



内山田洋とクール・ファイブ--『さようならの彼方へ』 

内山田洋とクール・ファイブ--『さようならの彼方へ
さようならの彼方へ』 1978年5月25日発売
作詞 千家和也/作曲 筒美京平

「さようならの彼方へ」 歌詞


宇崎竜童 with 井上堯之--『サクセス』 Acoustic Ver. 

宇崎竜童with井上堯之--『サクセス』
サクセス 1977年3月20日リリース、作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童
資生堂化粧品の1977年夏のCMソングの作り手/歌い手として起用されています。
また、1993年には元ザ・スパイダースの井上堯之と共に大人のロックバンドを目指すため、「どちらかが死ぬまで続けよう」との約束で「宇崎竜童 & RUコネクション with 井上堯之」を結成。そのアコースティックVer.のMVをどうぞ!

2018年5月2日、敗血症のため井上堯之死去。享年77歳。今では貴重なMVになりました。

「サクセス」 歌詞


宇崎竜童 with 井上尭之--『知らず知らずのうちに』 Acoustic Ver. 

宇崎竜童&井上尭之--『知らず知らずのうちに
「知らず知らずのうちに」はD・T・B・W・B(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)デビュー曲、1973年12月1日発売
作詞:宇崎竜童・作曲:宇崎竜童
宇崎竜童はD・T・B・W・B(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)のリーダーとして活躍。
この『知らず知らずのうちに』もD・T・B・W・B(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)時代のグループの曲です。
1993年には元ザ・スパイダースの井上堯之と共に大人のロックバンドを目指すため、「どちらかが死ぬまで続けよう」との約束で「宇崎竜童 & RUコネクション with 井上堯之」を結成。
その時のアコースティックセッションがこのMVです。

「知らず知らずのうちに」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

きわめつけ傑作大全集 [ ダウン・タウン・ブギウギ・バンド ]
価格:2,708円(税込、送料無料) (2023/4/6時点)



ウッディ・ウー--『今はもうだれも』 

ウッディ・ウー--『今はもうだれも』
「今はもうだれも」は、1969年9月10日にウッディ・ウーがリリースしたシングル。
作詞・作曲:佐竹俊郎
6年後の1975年9月5日にアリスがカバーした。アリス版の編曲はメンバーの矢沢透がフォークロック調にアレンジ、アリスとして初めてオリコンシングルチャート週間20位以内、最高11位にランクインするヒットとなる。
アリス版のヒットを受けて1975年10月に「オリジナル本命盤」として再発された。

アリス--『今はもうだれも』
今はもうだれも:歌詞


内山田洋とクール・ファイブ--『東京砂漠』 

内山田洋とクール・ファイブ--『東京砂漠』
「東京砂漠」は、1976年5月10日にリリースされた内山田洋とクール・ファイブの28枚目のシングル。
作詞:吉田旺/作曲:内山田洋/編曲:森岡賢一郎
1980年代前半から2000年代前半までダイア建設のCMソングに起用されていた事で、一般大衆にも『ダイア建設=東京砂漠=前川清=クールファイブ』でおなじみがあると思います。

『東京砂漠』歌詞


歌手名(50音順)
aiko
赤い鳥
浅香唯
天知茂
あみん
因幡晃
イルカ
H2O
EPO
岡晴夫
小椋佳
尾崎豊
雅夢
狩人
ガロ
冠二郎
岸洋子
class
globe
CoCo
小林旭
ZARD
堺正章
坂本九
THE ALFEE
椎名恵
城卓也
SHOGUN
SHOW-YA
少年隊
SPEED
芹洋子
千昌夫
園まり
平浩二
高樹澪
高山厳
Char
TUBE
津村謙
長渕剛
橋幸夫
PUFFY
林寛子
早見優
B'z
藤圭子
布施明
古時計
BOOWY
堀江淳
BORO
MAX
円広志
Mi-Ke
MISIA
水谷豊
水原弘
三田明
南沙織
南佳孝
森進一
森昌子
泰葉
矢吹健
吉幾三
りりィ
渡哲也
タグ無限ツリー