フ昭和歌謡曲ベストヒット大全集
fc2ブログ

昭和歌謡曲ベストヒット大全集

昭和の歌謡曲、フォークソング、ニューミージック、演歌、J-POPまで青春を過ごした名曲、ヒット曲、懐メロ。 昭和の良き時代を中心に90年代J-POPまで無料でPV動画やMP3が視聴できる『昭和歌謡曲ベストヒット大全集』で青春時代を想い出してみませんか?
他の人はこんな曲を聴いています(最近のクリック)
Sponsor AD



二葉あき子--『夜のプラットホーム』 

二葉あき子--『夜のプラットホーム』
『夜のプラットホーム』(よるのプラットホーム)は、奥野椰子夫作詞、服部良一作曲の歌謡曲。1947年(昭和22年)に二葉あき子が歌って大ヒットし、彼女の代表的なヒット曲の1つに挙げられる歌であるが、もともとは淡谷のり子が吹き込んだものであった。

当初は1939年(昭和14年)公開の映画『東京の女性』(主演:原節子)の挿入歌として淡谷のり子が吹き込んだが、出征する人物を悲しげに見送る場面を連想させる歌詞があるとして、戦時下の時代情勢にそぐわないと検閲に引っかかり、同年に発禁処分を受けた。

その2年後の1941年(昭和16年)、「I'll Be Waiting」(「待ち侘びて」)というタイトルの洋盤が発売された。作曲と編曲はR.Hatter(レオ・ハッター、=服部良一)という名前の人物が手がけ、作詞を手がけたVic Maxwell(ヴィック・マックスウェル)が歌ったのだが、この曲は『夜のプラットホーム』の英訳版であった。そして、レオ・ハッターとは服部良一が自身の名をもじって作った変名で、ヴィック・マックスウェルとは当時の日本コロムビアの社長秘書をしていた、ドイツ系のハーフの男性の変名であった。この曲はヒットし、戦後もプレスされていった。当時を代表するアルゼンチン・タンゴの楽団ミゲル・カロー楽団によってレコーディングされた。

その後、1946年(昭和21年)7月9日、二葉あき子が日劇の舞台衣裳の儘一発で吹き込んだ。時間にして12分弱であったという。二葉ヴァージョンは大ヒットした。

二葉盤の1968年時点での累計売上は21万枚。

夜のプラットホーム:歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

二葉あき子全曲集 夜のプラットホーム [ 二葉あき子 ]
価格:2,289円(税込、送料無料) (2023/9/15時点)


布施明--『恋』 

布施明--『
「恋」(こい)は、1967年に発売された布施明の8枚目のシングル盤レコードである。1967年3月1日に発売。
作詩/作曲:平尾昌晃 補作詩:水島哲 編曲:森岡賢一郎
本曲は「おもいで」を皮切りに、「銀の涙」「霧の摩周湖」と続けてヒットを飛ばした布施明と作曲の平尾昌晃のコンビ第4弾のシングルとして発表された。

本曲はそれまでの3作の作詩を担当した水島哲ではなく、平尾昌晃自身が作詩を手掛け(ただし、水島が補作を担当した)、自身で作曲したものである。本曲のヒットにより布施は1967年(昭和42年)の『第18回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たし、本曲を歌唱した。

またこの当時、平尾は渡辺プロダクション系列の渡辺音楽出版専属の作家であり、布施も渡辺プロダクション所属契約歌手であったことにより、本曲の原盤権は渡辺音楽出版が保有している。

「恋」はもともと「霧の摩周湖」のB面曲として予定されていた。累計売上は70万枚に達した。

「恋」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

55th ANNIVERSARY SPECIAL ALBUM [ 布施明 ]
価格:3,799円(税込、送料無料) (2023/9/10時点)


プリンセス・プリンセス--世界でいちばん熱い_夏質実剛健 LIVE ver 2023デジタルリマスター版 

プリンセス・プリンセス--世界でいちばん熱い_夏質実剛健 LIVE ver 2023デジタルリマスター版
『世界でいちばん熱い夏』 プリンセス・プリンセスの2枚目及び8枚目のシングル
オリジナル版は1987年7月16日リリース 平成版が1989年7月1日発売
作詞:富田京子 作曲:奥居香
1987年当時ガールズバンドは、まだ認知度や大衆性の薄かった、その中で発売された2枚目のシングルは、自作曲にこだわりたいバンドの意向に沿い、デビュー作と異なるセルフプロデュース、メンバーによる作詞曲により製作された。
しかし、発売当初はオリコンシングルチャートにチャートインすることなく、全くヒットしなかった。
そしてテレビドラマ主題歌となった『GET CRAZY!』のヒットから弾みをつけ、1989年の第1弾シングル『Diamonds (ダイアモンド)』がヒット。
発売当時日の目を見なかったセカンドシングルが、そのヒットに続くシングルとして再発売されたのです。
1987年にはLPとして発売されていたこの作品は、1989年の再発時にCDとして発売される。
実質再発盤となるが、B面曲やジャケットを差し替えるなどの変更がある。
またオリジナル・平成盤共にテレビ朝日系番組のタイアップに使用されている。
オリジナル盤は『世界どっきりウォッチ』、平成盤は『いつか行く旅』、いずれも海外をテーマにした番組であり曲調とマッチしている。
2001年には、ボーカルの奥居香が後に結婚した岸谷五朗が主演を務めたTBS系ドラマが、本作を捩り『世界で一番熱い夏』と付けられ放送された。楽曲やメンバーと直接なつながりは無かったが、この放送をきっかけに、マキシシングルで再発売された。この再発盤では、バンド最大のヒット曲である「Diamonds」をc/wとして収録。内容はどちらもオリジナルバージョンにリマスタリングを施したもの。
編曲には2つのバージョンが存在する。
初回、再発のシングルではいずれも1987年のアレンジだったが、その後のベスト盤にはセルフカヴァーバージョン(平成アレンジバージョン)がいつも収録されている。
ライブではこのセルフカヴァーバージョンが歌われており、本人らが、最初のバージョンに不満があったものと推測できる。
焼き直しでは出だしにサビが入っているのが特徴。
曲調はバンド音が強くなって、細かいアレンジが削られている。
現在ではシングルバージョンを探すほうが難しくなっている。

「世界でいちばん熱い夏」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SINGLES 1987-1992 [ PRINCESS PRINCESS ]
価格:2,632円(税込、送料無料) (2023/8/19時点)


フォーリーブス--『踊り子』 

フォーリーブス--『踊り子』
「踊り子」(おどりこ)は、1976年6月30日にCBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)から発売されたフォーリーブスの31枚目のシングルである。
作詞:阿久悠/作曲:井上忠夫/編曲:いしだかつのり/
この年の『日本テレビ音楽祭』特別賞、『日本歌謡大賞』特別賞を受賞。それらの受賞の際に歌唱した。

この曲で『第27回NHK紅白歌合戦』に7回目の出場を果たしたが、最後の出場となった。

踊り子:歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・ベリー・ベスト・オブ・フォーリーブス [ フォー・リーヴス ]
価格:2,055円(税込、送料無料) (2023/8/11時点)


プリンセス・プリンセス--『KISS』 

プリンセス・プリンセス--『KISS
「KISS」(キス)は、プリンセス プリンセスの11枚目のシングル。1991年5月10日発売。発売元はソニーレコード。
作詞:富田京子、中山加奈子 作曲:奥居香 編曲:プリンセス プリンセス
サントリーフーズ「紅茶の樹」CMソング。
グループ最後のオリコンシングルチャート1位獲得作品。

KISS:歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

THE PREMIUM BEST [ PRINCESS PRINCESS ]
価格:2,765円(税込、送料無料) (2023/7/20時点)


フォーリーブス--『ブルドッグ』 

フォーリーブス--『ブルドッグ
「ブルドッグ」は、1977年6月21日にCBS・ソニー(現:ソニー・ミュージックレーベルズ)から発売されたフォーリーブスの34枚目のシングルである。
作詞:伊藤アキラ/作曲:都倉俊一/編曲:都倉俊一
硬派で攻撃的な歌詞や、ゴムベルト(ゴムモール)を用いた独特の奇抜なパフォーマンスが話題を呼んだ。2002年の再結成以降、フォーリーブスがテレビ番組に出演した際には、この曲を歌唱することが多かった。このため、2004年7月21日に発売されたシングル「少年よ大志を抱け」で『ブルドッグ2004』として再録音を行っている。

レコードデビュー前の少年隊をはじめ、長年にわたり後輩のジャニーズアイドル達によってライブやテレビで歌い継がれている。

1997年に富士写真フイルム(後の富士フイルム)のレンズ付きフィルム「写ルンです」のCMソングに起用された。

「ブルドッグ」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・ベリー・ベスト・オブ・フォーリーブス [ フォー・リーヴス ]
価格:2,058円(税込、送料無料) (2023/7/20時点)


藤山一郎--『丘を越えて』 

藤山一郎--『丘を越えて』
「丘を越えて」(おかをこえて)は、1931年(昭和6年)12月に日本コロムビアから藤山一郎の歌唱によって発売された昭和歌謡である。1931年(昭和6年)に発表された新興キネマ制作の映画『姉』の主題歌。
作詞は島田芳文、作曲は古賀政男。
古賀政男が自身の青春の思い出を曲にした作品で、藤山一郎の大ヒット曲となり、藤山の歌手としての人気を決定づけた。

丘を越えて:歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(決定盤)国民的歌手 藤山一郎全集 (下) ~貴重な遺産~ [ 藤山一郎 ]
価格:3,878円(税込、送料無料) (2023/5/16時点)



藤山一郎--『青い山脈』 

藤山一郎--『青い山脈』
「青い山脈」(あおいさんみゃく)は、石坂洋次郎原作の日本映画『青い山脈』の主題歌として1949年に発表された曲である。発表当初は藤山一郎奈良光枝が歌っていたが、奈良光枝が早世したこともあり藤山一郎の歌として有名である。
作詞:西條八十、作曲:服部良一
長年にわたって世代を問わず支持され、発売から40年経った1989年にNHKが放映した『昭和の歌・心に残る歌200』においても第1位となっている。
1981年1月1日に放送されたTBS「全国歌謡曲大調査、明治から昭和この百年!史上最大のベストテン」では一位を獲得した。また、上述の1989年に放送されたNHK『昭和の歌・心に残る歌200』でも一位を獲得している。

この曲を歌った藤山一郎と作曲者の服部良一は共に国民栄誉賞を受賞している(作詞の西條は国民栄誉賞創設以前に死去)。

NHK紅白歌合戦では、藤山が紅白歌合戦30回記念として特別出演した1979年の「第30回NHK紅白歌合戦」でメドレー内で歌唱されたのと、紅白40回記念として第1部が「昭和の紅白」として開催された1989年の「第40回NHK紅白歌合戦」の計2回歌唱されている。

作曲者の服部良一は、著書の中で「梅田から省線に乗って、京都に向かう途中のこと、日本晴のはるか彼方にくっきりと描く六甲山脈の連峰をながめているうちににわかに曲想がわいてきた」と記している。近年、これを曲解し北摂地方の山並みとしている資料もあるが誤りである。 そして、この列車の中で手帳に書きとめようとしたが、生憎車内は買い出しの客で満員。五線譜を書くことができない。とっさの思いつきでハーモニカの番号を書いたという。服部自身「周りの人も、闇屋が計算していると思ったのでしょうね。」と回想している。

藤山一郎奈良光枝がデュエットで歌唱している映像は1975年に放送された「第7回思い出のメロディー」のものが現存している(奈良は1977年に53歳で死去)。

カラオケ画面では藤山一郎自身が音楽教師の役で出演していた。

藤山一郎は、1993年8月14日(土曜日)19:30から21:30までNHK総合で放送された「第25回思い出のメロディー」内で、本曲を歌唱。藤山にとって、最後のメディア出演となった。

2011年10月から映画の原作者である石坂洋次郎ゆかりの地にある横手駅(秋田県横手市)の発車メロディとして使用されている。

青い山脈:歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(決定盤)国民的歌手 藤山一郎全集 (上) ~栄光の軌跡~ [ 藤山一郎 ]
価格:4,130円(税込、送料無料) (2023/4/30時点)



布施明--『君は薔薇より美しい』 

布施明--『君は薔薇より美しい』
「君は薔薇より美しい」は、1979年1月17日にキングレコードから発売された、布施明の42枚目のシングル。
1979年度春のカネボウ化粧品のコマーシャルソングに起用された。なお化粧品キャンペーンのコピーは「きみは薔薇より美しい。」で、曲名と若干表記が異なる。
作詞:門谷憲二、作曲:ミッキー吉野、編曲:ミッキー吉野

歌手・布施明の代表ヒット曲の一つであり、1976年の「落葉が雪に」以来3年ぶりに、オリコン10位以内(最高8位)にランクイン。オリコン上シングル売上枚数では31万枚を記録。更に、TBSテレビの『ザ・ベストテン』でも、同番組で初のランクイン(10位以内に6週間ランク)となった。

但し、フジテレビ系ネットの『夜のヒットスタジオ』は、カネボウ化粧品の同業他社である資生堂がスポンサーだったため、一度も歌唱されなかった。

『君は薔薇より美しい』歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

55th ANNIVERSARY SPECIAL ALBUM [ 布施明 ]
価格:3,999円(税込、送料無料) (2023/4/14時点)



福島邦子--『ボサノバ』 

福島邦子--『ボサノバ』
「ボサノバ」は、シンガーソングライターの福島邦子の曲。1979年にオリジナルのシングルをリリースした。
2年後の1981年12月21日に、研ナオコがカバー・シングルとしてリリースした。
作詞:福島邦子/作曲:福島邦子/編曲:鈴木茂

研ナオコ--『ボサノバ』
ボサノバ:歌詞


歌手名(50音順)
aiko
赤い鳥
浅香唯
天知茂
あみん
因幡晃
イルカ
H2O
EPO
岡晴夫
小椋佳
尾崎豊
雅夢
狩人
ガロ
冠二郎
岸洋子
class
globe
CoCo
小林旭
ZARD
堺正章
坂本九
THE ALFEE
椎名恵
城卓也
SHOGUN
SHOW-YA
少年隊
SPEED
芹洋子
千昌夫
園まり
平浩二
高樹澪
高山厳
Char
TUBE
津村謙
長渕剛
橋幸夫
PUFFY
林寛子
早見優
B'z
藤圭子
布施明
古時計
BOOWY
堀江淳
BORO
MAX
円広志
Mi-Ke
MISIA
水谷豊
水原弘
三田明
南沙織
南佳孝
森進一
森昌子
泰葉
矢吹健
吉幾三
りりィ
渡哲也
タグ無限ツリー