とんねるず昭和歌謡曲ベストヒット大全集
fc2ブログ

昭和歌謡曲ベストヒット大全集

昭和の歌謡曲、フォークソング、ニューミージック、演歌、J-POPまで青春を過ごした名曲、ヒット曲、懐メロ。 昭和の良き時代を中心に90年代J-POPまで無料でPV動画やMP3が視聴できる『昭和歌謡曲ベストヒット大全集』で青春時代を想い出してみませんか?
他の人はこんな曲を聴いています(最近のクリック)
Sponsor AD



とんねるず--『歌謡曲』 

とんねるず--『歌謡曲
歌謡曲』 1986年1月21日発売 とんねるずの4枚目のシングル(ビクター移籍後)
通算では6枚目のシングル
作詞:秋元康/作曲:見岳章/編曲:水谷公生
ある男と、銀座の薄幸のホステス「アチャコ」との物語。
描かれた世界こそ若干異なるが、前作「雨の西麻布」と同じくムード歌謡路線であり、かつ「雨の西麻布」を踏襲している部分が随所にみられる。
因みに前作のなかで「全国の銭湯をキャンペーンでまわって」「背中を流し」ていたとんねるずは、今回は「全国の八百屋をキャンペーンでまわって」いる。
1コーラス目のサビの「おまえのすべて」という部分は石橋貴明のソロだったが、歌番組で石橋貴明は、この部分を「好きさ好きさ好きさ」(ザ・カーナビーツ)の該当する詞の部分のメロディーでしばしば唄っていた。
「歌謡曲」歌詞
ゴールデン☆ベスト とんねるずゴールデン☆ベスト とんねるず
(2009/09/16)
とんねるず石橋貴明

商品詳細を見る

とんねるず--『雨の西麻布』 

とんねるず--『雨の西麻布
雨の西麻布』 1985年9月5日発売  とんねるずの5枚目のシングル
作詞:秋元康/作曲:見岳章/編曲:高田弘
秋元康曰く、「雨の新宿」等々、有名な街であればそういった曲はいくらでもあったため、あまり有名ではない街で名付けたかった。
そのため、元々は「雨の亀戸」だった。
しかし発売前の打ち合わせで狙い過ぎの名前と言われ、検討した結果、西麻布であれば、ある一定以上の年齢の人は「ああ、かすみちょう(現在の西麻布一丁目と三丁目の一部)ね」という感覚があることもあり、西麻布となった。
この「雨の西麻布」のイントロや曲中の石橋木梨の語りにもあるように、この曲を秋元康から貰った際、彼ら2人は紅白歌合戦という大舞台に立つことを本気で目指し始める。
「紅白を」「狙います」とはしていたものの、当時のマスコミからは、NHKに歌手として出演するのに不可欠な「NHKのオーディションに未だ合格していない」との指摘がなされていた。
石橋が後年語ったところでは、2人がNHKのオーディションを受けようとした際、当初は売出し中だった「やぶさかでない」を唄おうと考えていたが、懇意になっていた美空ひばりに相談したところ、「『雨の西麻布』の方がいい」というアドバイスがあった。
それを受けて本曲を唄ってオーディションを通過したという。
これ以降2人はバラエティーを中心に積極的にNHKのテレビ番組にも出演、そして1991年に「情けねぇ」のヒットで念願の紅白出場を果たしたのだった。
曲の最後に「双子のリリーズ」と言っているのは、演歌(とセリフの中でも称してるが実際はムード歌謡)を真面目に歌うとんねるずにスタッフの惜しい気持ちから「お笑い性を少しだけだそう」ということで、このフレーズを言わせたという逸話を、秋元康が「とんねるずのオールナイトニッポン」で語っている。
この「雨の西麻布」は2種類のヴァージョンが存在する。
「アーリー・ベスト・オブ・とんねるず」にオリジナル・ヴァージョンとして収録されているものは、演奏する楽器の違うヴァージョンである。
また、シングル・ヴァージョンでは内山田洋とクール・ファイブがコーラスで参加している。
「雨の西麻布」歌詞
ゴールデン☆ベスト とんねるずゴールデン☆ベスト とんねるず
(2009/09/16)
とんねるず石橋貴明

商品詳細を見る

歌手名(50音順)
aiko
赤い鳥
浅香唯
天知茂
あみん
因幡晃
イルカ
H2O
EPO
岡晴夫
小椋佳
尾崎豊
雅夢
狩人
ガロ
冠二郎
岸洋子
class
globe
CoCo
小林旭
ZARD
堺正章
坂本九
THE ALFEE
椎名恵
城卓也
SHOGUN
SHOW-YA
少年隊
SPEED
芹洋子
千昌夫
園まり
平浩二
高樹澪
高山厳
Char
TUBE
津村謙
長渕剛
橋幸夫
PUFFY
林寛子
早見優
B'z
藤圭子
布施明
古時計
BOOWY
堀江淳
BORO
MAX
円広志
Mi-Ke
MISIA
水谷豊
水原弘
三田明
南沙織
南佳孝
森進一
森昌子
泰葉
矢吹健
吉幾三
りりィ
渡哲也
タグ無限ツリー