島倉千代子--『ほんきかしら』昭和歌謡曲ベストヒット大全集
fc2ブログ

昭和歌謡曲ベストヒット大全集

島倉千代子--『ほんきかしら』にて青春時代を思い出してください^^
他の人はこんな曲を聴いています(最近のクリック)
Sponsor AD



島倉千代子--『ほんきかしら』 

島倉千代子--『ほんきかしら
「ほんきかしら」は、1966年に発売された島倉千代子のシングルである
作詞:岩谷時子、作曲・編曲:土田啓四郎
作詞には、シャンソン歌手である越路吹雪のマネージャーとしても知られ、当時でも作詞家として多数のヒット曲を出していた岩谷時子が島倉千代子の作品に初めて起用された。

岩谷が島倉千代子に作品提供をするきっかけになったのは、当時コロムビアのディレクターであった酒井政利が島倉千代子を「泣き節」のイメージから脱却させるべく、岩谷に作詞を依頼したことである。大手レコード会社が歌手だけでなく、作詞家・作曲家を囲いこむ専属制という制度をとっていた当時の慣例からすれば、コロムビアがレコード会社と契約していない作詞家である岩谷に対して依頼することはきわめて異例なことだったという。

酒井政利のプロデュース作品。酒井が以前プロデュースした島倉千代子の「赤坂の夜は更けて」は商業的に失敗したが、こちらはレコード売上で成功した。通算売り上げは60万枚を記録するヒット曲となった。

なお、歌詞の一部は男性コーラス(岡田みのるとヤング・トーンズ)が歌唱している。
同年の「第17回NHK紅白歌合戦」でも歌唱されたが、男性コーラスの部分は女性コーラスに置き換えられた。

「ほんきかしら」歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

島倉千代子 ダブル・ベスト☆オリジナル&カバーズ [ 島倉千代子 ]
価格:2,830円(税込、送料無料) (2023/4/5時点)




『ほんきかしら』を高音質のAmazon Music Unlimitedで聴こう !
amazon楽天
島倉千代子 CD&DVD島倉千代子 CD&DVD

関連記事

思い出の曲にて青春時代を思い出されましたか?
更新の励みになりますのでお手数ですが下記ランキングを『ぽちっ』とお願い
します。(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾お願いします*•.¸¸♡
● 新着記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
歌手名(50音順)
aiko
赤い鳥
浅香唯
天知茂
あみん
因幡晃
イルカ
H2O
EPO
岡晴夫
小椋佳
尾崎豊
雅夢
狩人
ガロ
冠二郎
岸洋子
class
globe
CoCo
小林旭
ZARD
堺正章
坂本九
THE ALFEE
椎名恵
城卓也
SHOGUN
SHOW-YA
少年隊
SPEED
芹洋子
千昌夫
園まり
平浩二
高樹澪
高山厳
Char
TUBE
津村謙
長渕剛
橋幸夫
PUFFY
林寛子
早見優
B'z
藤圭子
布施明
古時計
BOOWY
堀江淳
BORO
MAX
円広志
Mi-Ke
MISIA
水谷豊
水原弘
三田明
南沙織
南佳孝
森進一
森昌子
泰葉
矢吹健
吉幾三
りりィ
渡哲也
タグ無限ツリー