天地真理--『ひとりじゃないの』昭和歌謡曲ベストヒット大全集
fc2ブログ

昭和歌謡曲ベストヒット大全集

天地真理--『ひとりじゃないの』にて青春時代を思い出してください^^
他の人はこんな曲を聴いています(最近のクリック)
Sponsor AD



天地真理--『ひとりじゃないの』 

天地真理--『ひとりじゃないの
「ひとりじゃないの」1972年5月21日発売 天地真理の3枚目のシングル
作詞:小谷夏/作曲:森田公一/編曲:馬飼野俊一
オリコン集計売上60万枚。累計売上は110万枚(公称)または126万枚。

作詞の「小谷夏」とは、天地真理が「隣りのまりちゃん」として出演していたTBS系テレビドラマ「時間ですよ」(森光子・堺正章らと共演)の演出家でもある久世光彦のペンネーム。

本楽曲で大晦日の「第23回NHK紅白歌合戦」に初出場。白のジャケット・パンツルックで紅組のトップバッターを務めた。また、南沙織小柳ルミ子が前年からの連続出場を果たし、いわゆる "新三人娘" が初めて揃って出場したのもこの回であった。天地真理の歌唱に合わせて手拍子する南沙織小柳ルミ子の様子が映されたり、南沙織が「純潔」を歌うバックで天地真理・小柳ルミ子がパンダの着ぐるみをかぶって踊ったりと、ヤングアイドル全盛時代の到来を感じさせる演出が繰り広げられた。後日、紅白初出場の思い出として、「歌い終わった後に突然美空ひばりさんが来て『大丈夫だったわよ、堂々としてたわよ』と台本にない事を話しかけてくれたのが嬉しかった」と語っている。

当時は「真理ちゃんスマイル」などという言葉に代表される様に、イメージ最優先の日々であったという。常にスタッフに囲まれていた為に他の歌手とまともに話すこともできず、恋人などは以ての外で「『ひとりじゃないの』を歌っていたけど、(心は)ひとりだったの」と天地真理自身が打ち明けた事がある。しかしその甲斐があってか、アイドルとしてのイメージは今もなお強烈な印象を残しており、石橋貴明、松田聖子、天地真理と3年間同事務所であった志村けん爆笑問題などこの頃の天地真理を語るとき「本当に物凄い人気だった」と懐述する芸能人も多い。

『ひとりじゃないの』歌詞
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴールデン☆ベスト 天地真理 [ 天地真理 ]
価格:1810円(税込、送料無料) (2022/12/29時点)




『ひとりじゃないの』を高音質のAmazon Music Unlimitedで聴こう !








関連記事

思い出の曲にて青春時代を思い出されましたか?
更新の励みになりますのでお手数ですが下記ランキングを『ぽちっ』とお願い
します。(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾お願いします*•.¸¸♡
● 新着記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
歌手名(50音順)
aiko
赤い鳥
浅香唯
天知茂
あみん
因幡晃
イルカ
H2O
EPO
岡晴夫
小椋佳
尾崎豊
雅夢
狩人
ガロ
冠二郎
岸洋子
class
globe
CoCo
小林旭
ZARD
堺正章
坂本九
THE ALFEE
椎名恵
城卓也
SHOGUN
SHOW-YA
少年隊
SPEED
芹洋子
千昌夫
園まり
平浩二
高樹澪
高山厳
Char
TUBE
津村謙
長渕剛
橋幸夫
PUFFY
林寛子
早見優
B'z
藤圭子
布施明
古時計
BOOWY
堀江淳
BORO
MAX
円広志
Mi-Ke
MISIA
水谷豊
水原弘
三田明
南沙織
南佳孝
森進一
森昌子
泰葉
矢吹健
吉幾三
りりィ
渡哲也
タグ無限ツリー