黒沢明とロス・プリモス--『ラブユー東京』昭和歌謡曲ベストヒット大全集
fc2ブログ

昭和歌謡曲ベストヒット大全集

黒沢明とロス・プリモス--『ラブユー東京』にて青春時代を思い出してください^^
Sponsor AD



黒沢明とロス・プリモス--『ラブユー東京』 

黒沢明とロス・プリモス--『ラブユー東京
「ラブユー東京」1966年4月1日発売 黒沢明とロス・プリモスのシングルである。
作詞:上原尚/作曲:中川博之/編曲:中川博之(1966年版)、斉藤恒夫(1991年版)
発売当初のA面曲は「涙とともに」であった。実際、当時のロス・プリモスは自身のテーマ曲として「涙とともに」を歌うことが多かった。しかし発売から半年後、山梨県甲府市のホステスの間で「ラブユー東京」が話題になり、また作曲した中川博之と友人で後に推理作家としてデビューする内田康夫が制作に係わった深夜ラジオで連夜「ラブユー東京」を流し、次第に知名度が上がる。
ロス・プリモスは自らキャバレーやレコード店を回って18万枚もの歌詞カードを配布し、プロモーションに務めた。

1967年7月、同品番でジャケットデザインを差し替え、「ラブユー東京」がA面曲に昇格する。旧版ジャケットは2色刷りの黒沢明とロス・プリモスのメンバーの写真が使用されており、新版ジャケットはカラー印刷の夜景と女性の写真が使用されている。
A面/B面入れ替え・ジャケット差し替え前のレコードの売上は累計で4〜5万枚程度であったが、有線放送から人気になり、1967年9月からは毎日1万枚、ピーク時には1日に3万枚も売れた。1967年12月17日から4日間、日劇で「ラブユー東京」の100万枚突破記念ショーが開催された。

オリコンシングルチャートが正式に発表されるようになった1968年1月4日付で1位を獲得し、記念すべき1曲目の1位獲得曲となった。但し、実際には1967年の段階で既にオリコンの発表した総合売上(シングルチャート)、有線放送へのリクエストランキング、ジュークボックスの使用回数ランキングでそれぞれ1位を獲得している。オリコンチャートが正式に発表されて以後の同チャート圏内でのセールスでは30万枚そこそこだが、実際には1967年の段階で既にヒットしている。
「ラブユー東京」の累計売上は通算250万枚に達するとされる。

「ラブユー東京」歌詞



『ラブユー東京』を高音質のAmazon Music Unlimitedで聴こう !








関連記事

思い出の曲にて青春時代を思い出されましたか?
更新の励みになりますのでお手数ですが下記ランキングを『ぽちっ』とお願い
します。(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾お願いします*•.¸¸♡

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
歌手名(50音順)
aiko
浅香唯
天知茂
因幡晃
イルカ
H2O
EPO
岡晴夫
小椋佳
尾崎豊
雅夢
狩人
ガロ
冠二郎
岸洋子
class
globe
CoCo
小林旭
ZARD
堺正章
坂本九
椎名恵
城卓也
SHOGUN
少年隊
SPEED
芹洋子
千昌夫
園まり
平浩二
高山厳
Char
TUBE
長渕剛
橋幸夫
PUFFY
早見優
B'z
藤圭子
布施明
古時計
BOOWY
堀江淳
BORO
MAX
円広志
Mi-Ke
MISIA
水谷豊
水原弘
三田明
南沙織
南佳孝
森進一
森昌子
泰葉
吉幾三
りりィ
渡哲也