萩原健一--『お前に惚れた』昭和歌謡曲ベストヒット大全集
fc2ブログ

昭和歌謡曲ベストヒット大全集

萩原健一--『お前に惚れた』にて青春時代を思い出してください^^
他の人はこんな曲を聴いています(最近のクリック)
Sponsor AD



萩原健一--『お前に惚れた』 

萩原健一--『お前に惚れた
お前に惚れた』 1975年8月10日発売
作詞:阿久悠 作曲:井上尭之 B面は名曲「兄貴のブギ」
お前に惚れた』を発売直後に『前略おふくろ様』が日本テレビ系列の金曜劇場で放送された。
第1シリーズは1975年10月17日から1976年4月9日までの放送で、料亭「分田上」が舞台、第2シリーズは1976年10月15日から1977年4月1日まで放送され、前作から1年半後の設定で舞台は料亭「川波」に移った。
倉本聰原案による、東京の下町(深川)を舞台にした、照れ屋な板前の青年(萩原健一)と周囲の人々との触れ合いを描いた青春ドラマ。
桃井かおり、坂口良子はすでに知名度があったが、東映の大部屋俳優だった川谷拓三はこのドラマで一躍有名になり、アウトロー的な役柄を演じてきた萩原を主人公の純朴な青年に、ヤクザやプレイボーイ役を演じることの多かった梅宮辰夫を熟練の渋い板前役にキャスティングし、イメージ・チェンジに成功させたのもこのドラマである。

『前略おふくろ様』は萩原演じる主人公が母親宛に書き綴る手紙の冒頭(冠省)部分であり、劇中のナレーションも萩原がその手紙を読むという形になっている(このナレーションの手法は後の『北の国から』にも採用された)。倉本聰は、演技力と器用さで、ショーケンはある種の天才だった、と述懐している。
倉本は依頼が日本テレビではなく、萩原健一から直接持ち込まれたと証言した。
また、「主人公(萩原健一)は尊敬する人がいると光るとして梅宮辰夫、北林谷栄、第2シリーズの八千草薫の三人を配置したとも語っている。
お前に惚れた:歌詞



萩原健一--『お前に惚れた』 投稿者 jrapaka2   Powerd by dailymotion




関連記事

思い出の曲にて青春時代を思い出されましたか?
更新の励みになりますのでお手数ですが下記ランキングを『ぽちっ』とお願い
します。(*ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾お願いします*•.¸¸♡
● 新着記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
歌手名(50音順)
aiko
赤い鳥
浅香唯
天知茂
あみん
因幡晃
イルカ
H2O
EPO
岡晴夫
小椋佳
尾崎豊
雅夢
狩人
ガロ
冠二郎
岸洋子
class
globe
CoCo
小林旭
ZARD
堺正章
坂本九
THE ALFEE
椎名恵
城卓也
SHOGUN
SHOW-YA
少年隊
SPEED
芹洋子
千昌夫
園まり
平浩二
高樹澪
高山厳
Char
TUBE
津村謙
長渕剛
橋幸夫
PUFFY
林寛子
早見優
B'z
藤圭子
布施明
古時計
BOOWY
堀江淳
BORO
MAX
円広志
Mi-Ke
MISIA
水谷豊
水原弘
三田明
南沙織
南佳孝
森進一
森昌子
泰葉
矢吹健
吉幾三
りりィ
渡哲也
タグ無限ツリー